姿を見ることなくネズミとイタチを駆除するなら早めが肝心

営巣させないために行なっておきたい再発予防

もうネズミやイタチを見たくない!~予防が大切です~

一度駆除を行った場合でも、安心は訪れません。進入経路が残されており、臭いがわずかでも残っていれば、かつて巣をつくっていた場所に再び営巣することがあるため、予防を行う必要があります。

業者が行う再発予防

侵入口を塞ぐ
ネズミは自らかじって進入路を開拓しますが、イタチはわずか3cmほどのすき間があれば容易に侵入します。いくら駆除・忌避・追い出し作業が完了しても進入路が残っていれば、再発は免れません。小さな穴でも塞ぎ、ネズミやイタチの侵入経路をシャットアウトすることが再発への第一歩です。業者は進入路の特定も行い、入口を塞ぐための工事も提案してくれます。
保証期間がついている
イタチ駆除は基本的に「追い出し」が優先されます。そのため営巣作業の再発が懸念されます。ネズミも然りで、完全に駆除ができなかった場合再発もあります。保証制度が設けられており、保証期間内の再発に対応してくれる業者に駆除を依頼すると万一の営巣再発の時にも、被害が拡大する前に食い止めることができ、更なる予防対策を講じることができます。
定期的に調査や予防を行う
ネズミやイタチが棲みつきやすい家には特徴があります。農家で米を保管している、家畜を飼っているなど環境がそろっているゆえのことですので、定期的に営巣調査を行い、適切な防除作業を施してくれる業者を依頼することも大切です。年間契約ができる業者であれば、更に安心できる要素です。都度駆除一式作業を依頼するよりも、年間契約による定期メンテナンス料の方が安く上がることが常です。

姿を見たくないなら自分でも予防を行う

突然にネズミやイタチと遭遇することは誰もが避けたいことです。姿を見たくないのであれば、自分で予防対策を行います。注意するポイントをここで挙げます。 ネズミは食べ物が手に入りやすい家を好みます。大量の穀物や野菜の保管を行う家は格好の場所です。また屋根裏の断熱材がむき出しになっている家、切り藁や干し草が常備されている家などは営巣場所として好まれます。納屋がある、木造の家など、環境的にネズミが好む家を作ってしまっている場合は、被害を防ぐべく対処を行う必要があります。

TOPボタン