姿を見ることなくネズミとイタチを駆除するなら早めが肝心

ネズミ駆除とイタチ駆除の作業内容を知るなら流れを確認

業者に依頼すると姿を一切見ないまま駆除できます

男性作業員

ネズミやイタチの姿を見ず、死がい処理も避けたい!そのような場合はやはりネズミ駆除・イタチ駆除を専門に行う業者に駆除を依頼した方が安心ですね。

業者が行う駆除の流れ

調査を行う

業者は作業を行う前に必ず現地調査を行います。家屋の被害状況を把握したうえで被害を引き起こす動物を特定し、習性に応じた駆除を行います。場合によっては、イタチなどに限り捕獲を優先する場合もあります。ネズミかイタチか、家の中に潜む動物が何か分からないという場合もまずは無料調査を依頼するところから始めましょう。

捕獲や追い出し、駆除作業

ネズミ駆除の場合、種類や生態などの条件に応じた駆除方法を選択します。薬剤散布や殺鼠剤による駆除、捕獲を中心とします。イタチの場合、家屋からの追い出し作業が基本ですが、状況に応じて自治体の許可が得られた場合にのみ捕獲を行います。鳥獣保護法によって保護されているので、殺すという意味での駆除は基本的に行いません。

清掃を行う

駆除や追い出し作業が済んだら、被害箇所の清掃を行います。糞や巣を取り除き、薬剤を散布することで営巣被害の再発を防ぎます。断熱材への被害や柱の腐食などが認められた場合は、この時点で被害箇所を写真などに収め、施主に確認を求めることがあります。また、清掃をしながら、出入り口のルートを確認するなどの作業を行うことが多いようです。

消毒作業

巣をつくっていた場所には、病原菌が残っている場合が考えられます。また排泄物にも多くの病原菌が含まれています。巣や排泄物を清掃によって完全に取り除いたとしても、病原菌が残りますので、しっかりと消毒作業を行います。この作業を行うことで、家の傷みを食い止めることができますし、臭いの被害を軽減することができます。

ネズミやイタチを見たくないという方の多くは、業者の作業風景を見ることも嫌うことでしょう。どんな作業を行うのか知識だけでも取り入れることで、安心して業者にすべてを委ねることができます。

TOPボタン