姿を見ることなくネズミとイタチを駆除するなら早めが肝心

ネズミ駆除とイタチ駆除を自分の手で行う際の注意

姿を見ずに自分で駆除する方法~注意点があります~

鼠

自分でネズミ駆除を行う場合、ネズミの姿を見ずに駆除を実践する方法が存在します。ここでは、その方補をご紹介いたします。

自分で行う駆除方法について

自分で行う駆除方法にはどんなものがありますか?
ねずみが嫌う成分が処方された「忌避剤」を使うと、ねずみが近寄りにくくなります。燻煙式の物やスプレー、薬剤が入ったケースを設置する物などが主流です。ただし、殺鼠能力はなく、ネズミも学習しますので、忌避力が薄れ安全が認められたら、また再発する可能性があります。超音波でネズミを遠ざける方法も紹介されていますが、確実性に掛けるという指摘があります。
姿を見ずに済む駆除方法はどれですか?
姿を見たくない方におすすめできるネズミ駆除の方法は忌避剤を用いる他、毒餌、粘着シートを利用する方法です。特に毒餌は水を求めて家の外から出ていき、見えない場所で死にます。屋根付きの粘着シートを利用すれば、ネズミが捕獲された場合、姿を見ることなく処分することができます。このようなグッズを使うこともためらわれる場合は、業者にネズミ駆除を依頼することがスマートでしょう。

駆除方法によってはネズミの姿を見ないまま駆除をすることができます。ただし、いくつか注意したい点があります。

駆除を行う際の注意点

イタチ駆除をしてしまうかもしれない
ネズミが棲んでいる家ではそれを補食するイタチの存在も認められることがあります。イタチは鳥獣保護法によって守られている動物で、特にメスのイタチは保護獣として保護されています。特にセルフ駆除をすると法律によって処罰の対象になりますし、資格を持った駆除業者でも事前に自治体の許可を得ない限り、害獣であるイタチを捕獲することはできても「駆除」はできません。
死骸の処分をしないといけない
毒餌をまくことで、ほぼ確実にネズミ駆除を行うことができますが、家の中で死んだ場合、死骸の改修を行う必要が生じます。淘汰されるには時間がかかりますし、そのプロセスの中で害虫の発生や腐敗などの問題も発生します。ネズミ駆除業者は死骸の回収のみのサービスは行っていないことがほとんどですので、自分で処理を行う必要があります。
TOPボタン